So-net無料ブログ作成
検索選択

【新テラスハウス】第15話あらすじ<前半>。うっちーとみのり、カップル成立! [新テラスハウス]

スポンサーリンク





新テラスハウスの第15話が配信されました。

前回の第14話も良かったらチェックしてみて下さい。

第14話は大変面白かったですね。
何といっても、みのりの“いくじなしオムライス”ですね。いくじなしとオムライスに書かれたうっちーが奮起し、一度はあれっ?おいおいうっちー大丈夫?と冷や冷やしましたが、最終的に2人はチューをすることができましたね。

この15話はその2人がチューした直後のシーンから始まります。

また、14話で高尾山デートを約束したありさとアーマン・・・、果たしてどんなデートになったのでしょうか?

さっそく第15話のあらすじを見て行きましょう!

カップル成立!

「ただいま・・・」

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 09-51-20.png

先ほどうっちーと感動的なキスをしたばかりのみのりが、女子部屋に戻ってきた。

「おかえり」

とみづき、ありさ。

「なんて顔してるんだ?」

と、ありさが心配そうにみのりに声をかけた。

つづけてみづきが、

「どうだった?」

とみのりに聞いた。すると

「チューした」

とみのりは答えた。

「えー!」

と驚くみづきとありさは、みのりのこの事を本心で喜んだ。そしてそのキスの様子が気になる2人は、

「で、どんな感じどんな感じ?」

と質問を続けた。

「”好きなの?どうなの?”って聞かれたから、好きだよって言って・・・」

とみのりは答えた。

「そしたら?」

とさらに追及をするみづき。

「そしたら、そういう流れになっちゃって・・・」

とみのりは嬉しそうに答えた。が、みのりは照れもあるせいか、決して浮かれる様子もなく冷静にその状況を説明した。ふつうあんな感じで好きな人にキスされたら、もっとキャピキャピしてもよさそうなものなのだが、みのりはやけに落ち着いていた。

そのみのりと対照的なのはみづきだった。

「やばい!やったー!やったー??なのか」

とわけのわからないことを言って興奮していた。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 10-15-40.png

つづけてありさもこんな質問をした。

「スマートだった?」

するとみのりは、

「スマートじゃなかった」

と答え、女子部屋は笑いに包まれたのでした。


そしてみづきがつっこんだことを聞いた。

「付き合うってことなの?」

するとみのりは、

「その話はしてない」

と言った・・・。



一方その頃男子3人もその話題で持ちきりだった。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 10-22-58.png

「フレンチキス?ディープなかんじ?」

と興味津津にうっちー聞く2人。

「そんなディープなかんじはない」

とうっちー。ディープなかんじのキスはしてないと言っているのにもかかわらず、

「ベロいれた?」

と聞くアーマンに、

「入れてねーわ!」

「ディープはない、きれいなやつだよ!」

と返すうっちー。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 10-26-56.png

とても嬉しそうだった・・・。

するとゆうきが、

「逆に入れないと、また書かれちゃうよ、いくじなしって・・・」

と、うっちーをからかった。つづけて、

「でも付き合う、付き合わないってはなしは?」

ゆうきが核心をつく質問をした、

「そこは話さなかった・・・、でもお互い気持はあるから・・・」

とうっちー。

「じゃあまだカップルではないんだ」

とゆうき。




screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 10-40-42.png

この日は、うっちーの社員旅行の日。

韓国へ2泊3日の旅行に出かる日の朝、用意を済ませたうっちーがリビングに降りてくると、そこにはソファーで眠るみのりの姿があった。

眠っているみのり方に向かって行き、

「みの、おはよう・・・」

と優しく声をかけたうっちー。するとその声に反応してみのりも起き上がり、

「何泊なの?」

と眠そうな顔をしながらうっちーに聞いた、

「2泊3日かな」

とうっちー。そしてつづけて、

「韓国いく前にさ、はっきりさせたいんだけど・・・」

と切り出した、そして

「あのチューはさあ、俺と付き合ってくれるってことでいいの?」

と言った。するとみのりは、

「それ今聞く?」

と恥ずかしそうに笑った。そして、

「私から言うの?」

と言って、うっちーからの告白を欲しがった。

すると、うっちーはすかさず

「俺と付き合ってください!」

それに対してみのり、

「よろしくお願いします」

と答えた。自分の言った”よろしくお願いします”に照れたのか、みのりはそのあとしばらく笑いっぱなしだった。

「付き合ってるの・・・?」

とみのりがうっちーにニヤニヤしながら確認した。

「付き合ってるよ」

とうっちー。

「そっか、わかった」

とみのり。

そしてうっちーは「行こうかな」と言ってソファーから立ち上がり、こんなことを言った、

「行ってきますのチューは?」

するとみのりが魅惑のこんな言葉を発した、

「欲しいの?」

と、そして2人はまた、

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 11-02-24.png

ちょっと長めのチューをしたのでした。

このときのチューは、フレンチだったのか?ディープだったのか?非常に気になるところではありますが、以前ゆうきに、「ディープでもしなけれなまたいくじなしって書かれちゃうぞ」と冷やかされたばかりのうっちーでしたから、もしかしたら“入れてる”かもわかりませんね・・・。

それにしても、みのりの「欲しいの?」は最高でしたね!

恋愛におく手で、どちらかというと消極的なみのりから、こんな言葉が聞けるとは思いませんでした。

さてそんなことで、正式にうっちーとみのりはカップルになったわけですね、記念すべき新テラスハウスのカップル第1号です。

おめでとうございます!


しかし、みのりはこのうっちーが「付き合ってください」と言った一連の流れのことを後日女子会でこんな風に言っています・・・↓





スポンサーリンク






ありさとアーマン

ある夜、人ごみであふれる街中でひとり誰かを待つアーマンがいた。

そこに現れたのはありさだった。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 11-19-24.png

ありさは、遠くからアーマンの姿を見つけて笑顔で近づいてきた。

「お疲れ!」

とありさ。アーマンも

「よう!」

と軽く返事をして、そして

「行こうか!」

と言って歩き出した。

2人が向かった先は、ターゲットジム。宮城大樹が経営するジムだ。

アーマンがありさを大樹に紹介し、簡単な挨拶を交わしたあと、早速2人はジム着に着替えた。そして数週間後にはキックボクシングの試合を控えたアーマンは、大樹にミット打ちの相手をしてもらっていた。

一方のありさも、ジムのスタッフ相手にミット打ちをしていた。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 11-34-42.png

この日はストレス発散のために来たというありさは、普段仕事で相当ストレスが溜まっているのか、とても素人の女の子のパンチとは思えない勢いのパンチを繰り出していた。

そしてひとしきり体を動かしたありさは、リングでスパーリングをするアーマンの応援をした。連日のゆうきとの酒盛りのせいか、アーマンの動きはなんとなく鈍いような気がした。

アーマンが相手に攻め込まれる場面では、まるで自分の恋人がやられているかのごとく、苦悶の表情を見せた。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 11-39-51.png


スパーリングを終えたアーマンに大樹が声をかけた、

「アーマン大丈夫?今日吐きそうだったけど・・・」

と、つづけて

「酒とか飲んでる??」

と、アーマンにとって、とても耳の痛い質問をした。するとアーマンは、

「す、少しだけ・・・」

と嘘をついた。毎晩ゆうきと、周りが空き缶だらけになるくらい飲んでいるアーマンでしたが、大樹の真剣な忠告に対して、

「1日一本にします!がんばります!」

宣言し、ありさと一緒にジムをあとにした。



ターゲットジムを出ると、外は雨が降っていた・・・。


「ちょっと降ってる・・・」

とありさ。するとアーマンは持っていた傘を開き、ありさを同じ傘に招き入れた。

screenshot-www.youtube.com 2015-12-29 11-55-50.png

「試合あれよりすごいんでしょ?」

とありさ、つづけて

「見れるかな試合・・・」

小雨の降る中2人は、同じ傘でテラスハウスまでの道のりを帰った。


後半へ続く・・・


スポンサーリンク





















Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: