So-net無料ブログ作成
検索選択

【新テラスハウス】第11話あらすじ<後半>。新メンバーは外国人?ゆりこが卒業へ・・・ [新テラスハウス]

スポンサーリンク





第11話<前半>で、遂にまことがテラスハウスを去りましたね・・・。去るものあれば来るものありということで、新たな男性メンバーが登場しました。いったいどんな男性なのでしょうか?

また、後半ではゆりこの重大発表があります。果たして何の発表なのでしょうか?

早速後半のあらすじをみていきましょう!


アルマン登場!


この日の夜、リビングではうっちーとみのりそしてゆりこの3人がくつろいでいた。

すると、「ピンポーン!」

と玄関のチャイムがなった。

まさか!というかんじで顔を見合わせる3人。そして3人はインターホンの方へ掛けて行った。

「新しいルームメイトアルマンです」

アルマンという響きに同様する3人。



screenshot-www.youtube.com 2015-11-24 11-30-37 (1).png

●新メンバー アルマンのプロフィール!ハーフで消防士志望!

そして、アルマンが入ってきた。

「はじめまして、アルマンです」

どうやら日本語は普通に喋れるみたいだ。


アルマンが、3人とそれぞれと握手を交わし、挨拶を終えソファーに座ろうとした瞬間、

「くっ靴・・・」

そう、アルマンは、靴を履いてこのテラスハウスに上がっていたのだ。

うっちーが靴を脱ぐように促すと、アルマンは慌てて靴を脱ぎに行った。そして、

「すいませんアメリカから来たんで」

とアルマン。さすがアメリカン!


「アルマンさん何してる方なんですか?」

とうっちーがアルマンに質問した。

「僕ですか?ハワイではサングラス屋でバイトしてまして」

とアルマン。続けて、ハワイ在住、日本生まれ、日本とイランのハーフだと明かした。このアルマンは、生まれてから10歳までは日本にいて、それから今までハワイに住んでたらしい。

さらに、趣味についても、

「サーフィン、ボディーボード、キックボクシングが趣味!」

と話した。そしてさらに、

「現在は彼女いない・・・。好きなタイプは、みんなに優しい人で、アウトドアで一緒にハイキング行ったりできる人」

と話した。


するとうっちーが

「みづきじゃん!」

みのりとゆりこも

「思った!」

と声を揃えた。

みづきと言えば、これまではあまり日の目を見てこなかった存在・・・。自分で提案したゆうきの誕生日会では、そのゆうきに泣かされたり、うっちーのデート作戦の時なんかは、うっちーに「俺が喜びそうなデート考えといて」と言われたりとなかなか悲惨な思いをしてきた存在。さらにこれまでは、みのりとゆりこの恋愛に関して、何かと相談にのったりと、女性陣のサポート役に徹してきた女性です。

そんなみづきを、私も影ながらではありますが幸せになってもらいたいと常々願っておりましたので、このアルマンの登場で、みづきに春がやってくることを願っております。


一通り自己紹介を済ませると、うっちーがアルマンの寝る男子部屋を案内した。

そして、2段ベッドの下段を指差し、

「ここがアルマンのベッド」

と言った。そうここは、先日このテラスハウスを出ていったまことが寝ていたところだ。

「結構いいね !」

とアルマン、嬉しそうにベッドの弾力を確かめた。


するとそこへ、仕事帰りのゆうきがやってきた。

「あれ?」

とゆうき、

「はじめまして!」

と2人は握手を交わし、自己紹介をした

「こんな墨入った子が来るとは思わなかった」

とゆうきがアルマンのタトゥーが入った右腕を見ながら言った。



「日本で英会話の先生やりたいんだって!」

とうっちーがアルマンの話をゆうきにした。

「そうバイト的に・・・」

とアルマン。すると

「じゃあ将来は何になりたいの?」

とゆうきが尋ねた。

「将来は消防士になりたくて」

とアルマンは、消防士志望であることを告げた。



一方その頃女子部屋では、パジャマ姿のみのりとゆりこがいた。

そこへ仕事から帰ってきたみのりが来た。

「ただいま!」

「おかえり」

すると、あらかじめ女子2人から、来たのを知らされていたのか

「来た来た?」

と興味深げにみづきが聞いた。

そして、みのりとゆりこが一通りアルマンの説明をすると・・・、

「えー!」

イメージ1809.jpg

とみづき、色んな意味で驚く要素が多いアルマンの情報を聞き、驚きを隠せない様子だった。

「男らしいよねー」

とみのりとゆりこは、みづきにこのハーフ男性をおすすめするかのように言った。

みづきも、

「いいね、いいねー」

と期待に胸を膨らませた。


スポンサーリンク







翌朝、ダイニングで1人イスに掛けていたみづきのもとにアルマンがやってきた。

そして2人は、はじめましての挨拶をかわし、お互いの事を話した。

イメージ1810.jpg

するとアルマンさんがみづきにこんな一言を

「モデルですか?」

すると、みづきはちょっと照れたのか、顔を紅潮させながら

「会社員です」

と答えた。

するとアルマンがさらにこんな褒め言葉を

「1番モデルっぽい子が会社員?」


(キタ―!!とうとうみづきに春が来ました)



するとみづきが

「本当??」

と照れまくるみづき。褒められまくって喉が渇いたのか、コップの水をくいっと飲んだ。

イメージ1808.jpg

このアルマンのハワイ仕込みのリップサービスでみづきの心はたぶん50%は持ってかれてましたね・・・。このアルマンがみづきに言った言葉が本心であってくれることを、そしてこの男がただのプレイボーイじゃない事を祈るばかりです・・・。


そして、みづきはその後興味津々にアルマンにいくつもの質問をした。

そして最後に、夜パーティーをする約束をして、みづきは仕事に出掛けて行った。


アルマン歓迎会、そしてゆりこの重大発表・・・


そしてこの日の夜、テラスハウスでは、新メンバーアルマンの歓迎会が行われた・・・。

イメージ1812.jpg

どうやらアルマンはアーマンって呼ばれるらしい・・・。


ゆりことみづきはまだ帰ってきておらず、うっちー、みのり、ゆうき、そしてアーマンの4人で乾杯してパーティーがスタートした。テーブルにはピザをはじめたくさんの料理が並んだ。

パーティーがスタートして間もなく、ゆりこが帰ってきた。

「わあ、凄いピザ!」

と言いながらゆりこが席についた。

「合格?」

とアーマンがゆりこに聞いた。

「まだ決まってない」

とゆりこ、進級試験の結果はまだ出てないことを伝えた。



そうこうしてるうちに、今度はみづきが仕事から帰ってきた。

「ただいまー」

「おかえりー」

すると、アーマンが

「クッキー持ってきたんでみんなで食べてください」

とお菓子のつつみを差し出した。

するとみづき、

「あーこれ好きなやつー!」

ゆりこも

「みづきこれ好きだよね!」

どうやら、アーマンが差し出したこのお菓子が偶然なのか何なのか、みづきのど真ん中だったらしく、みづきはかなり喜んだ様子だった。


パーティーも盛り上がりをみせ、みな一様にお腹がいっぱいになったころ、

「なんかいいタイミングだから、みんなに告白しようと思うんだけど」

とゆりこが話し始めた・・・。

イメージ1814.jpg

「元彼の惟道さんて言うんだけど、その彼にこの前はじめて自分からもう一度付き合いたいって告白できて・・・」

「でそんな状況でまだテラスハウスに居たいっていうのはワガママだと思って・・・」

「だから、惟道さんにもう一度告白して・・・」

「その結果をみんなにちゃんと報告してから・・・」

卒業しようかなって思ってます」


まとめ


第11話では、まことがとうとうこのテラスハウスを去って行きました。思い返せば、まことにとってはこのテラスハウスは苦い経験になったのではないでしょうかね?野球もなんか中途半端だったし、結局最後までまことの野球してるところが出てこなくて、なんか残念です。たしかゆりことみづきで「今度応援に行く!」なんて言ってた思ったんですけどね・・・。

●長谷川慎テラスハウスを振り返る「うっちーがキーでした・・・」

●【新テラスハウス】長谷川慎ダイジェスト


そしてそのまことが去り、新メンバーのアルマン、いやアーマンが登場しました。何かとみづきと合いそうなこのハーフ男性の今後の動きがとても興味深いですね。これはもうみづきにがんばってもらうしかありません!

そしてそして、
元彼にもう一回告白したあと、このテラスハウスを卒業すると宣言したゆりこ・・・。本人的にも「元彼に気持があるのにこれ以上テラスハウスに居てはいけない」という心情からの決断だったのでしょうけど、マドンナ的なゆりこが居なくなるのは寂しいですね。そしてゆうきの事を思うととても切ない・・・。

ということで、第11話はここまで。気になる第12話はコチラ↓

【新テラスハウス】第12話

スポンサーリンク









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。